リショップナビでリフォーム費用を安くする方法【優先順位を決める】

2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_s

リフォームはすぐに費用がかさむ場合があります。

 

予算は300万にしようかと考えていても、あれもこれも追加してしまうとすぐに500万円、700万円とかさむようになってしまいます。

 

 

ですのでリフォームをおこなうさいは予算に合わせて優先順位を決めることが大事です。

 

 

そのために大事なのが「予算300万円以下でリフォームをする」ということです。

 

 

リフォームで300万円の工事というのは結構な額です。それ以上になると高い傾向にあります。ですのでもしそれ以上になってしまい場合は今回は取りやめにして次回に持ち越すということも考えるようにしましょう。

 

優先度を決める

52c30c50c78b684364314ae4cc885d70_s

リフォームしたいと思う方は「住みにくさ」を感じてリフォームしようと考えます。

 

しかしこの「住みにくさ」には2つのことが考えられます。まずこの2つのことを考え、なぜリフォームしたいのか、どのようにリフォームしたいのかの原因を洗い出さないといけません。

 

 

(1)構造の改修工事が必要なリフォーム

耐震面で不足がある、雨漏りする、防音になっていない、断熱になっていないなど、住む上で問題がある場合はすぐにリフォームすることが必要ですし、どのように改善していくべきかもすぐに出てきます。

ですのでこういった考えのリフォームはすぐに方向性が見えます。

 

(2)感情面でのリフォーム

上で述べた「構造での改修が必要なリフォーム」であればすぐに方向性が見つかるのですが、厄介なのは「(2)感情面でのリフォーム」を考えている場合です。

 

こちらは「家が狭い」、「内装を新しくしたい」、「間取りを変えたい」、「キッチン、バスを新しくしたい」など感情面でのリフォームを考えていることです。

 

こちらのリフォームは正直やらなくても生きてはいけますが、快適に住むためにリフォームを考えていることです。こういった場合だと要望がどんどん膨らんでしまい予算がかさんでしまうことがあるのです。

 

「あそこもここもリフォームしたい」と考えるようになり結果的に予算300万円だったものが500万円に膨らんでしまったということもあります。

 

ですので予算に応じて優先事項を考えるようにしましょう。

 

 

まとめ

感情面でのリフォームを考える場合は「今回は予算300万円まで」「今回はキッチンだけ」というように予算に応じてリフォーム箇所を決めていきます。

 

リフォームすると一部は綺麗になっていきますので古い箇所が目に行きやすいものです。そうなると「ここも新しくしたい!」と考えてしまうようになりますが、そこはグッと我慢することが大事です。

 

1回のリフォームは300万円までに止めておくことが成功リフォームです。500万円〜1000万円までいくリフォームは高すぎる場合が多いです。

 

そこまで高くなったら建て替えも検討していいですね。建て替えた方が全て新しくできますからリフォームをするより安くなることも考えられます。

 

 

ですので300万円で収まるようにリフォームすることを考えるようにしましょう!